Tel:86-412-3773229     3773560?
CN          EN          KR         JP????

ニュースの詳細

?

わが國は、採掘権、採掘料、代金の管理方法。
來源: | 著者:beihaigroup | 発表時間 :2017-11-14 | 375 回覧: | Share:

第1條を守るため、地質資源の國家所有権を強化探礦權采礦權代金使用料と管理を根拠に「中華人民共和國の鉱山資源法』と『鉱山資源管理方法を塗り弾劾逆風の中調登録』、『地質資源採掘登録管理方法』、『探礦權采礦權譲渡管理法」の関連規定制定、本方法。
第2條は、中華人民共和國の分野及び管轄の海域で、鉱物資源を采掘することで、すべてを規定したことを規定して、建設権使用料、代金を支払う。
第三條採掘権の使用料は含まれる。
(1)鉱権料を探る。國家は、鉱物資源を採掘権に譲り渡し、これを根拠にして採掘権者が受け取った使用料を策定している。
(二)採掘料。國家は、鉱物資源を採掘権に譲って、採掘権者に課した使用料を規定している。
第四條の採掘権には採掘権が含まれている。
(1)鉱権の代金を探る。國家はその出資の測量形成の探礦權分譲を探礦權人、規定上、探礦權人から受け取った代金。
(2)采礦權代金。國家に出資の測量を形成するの采礦權采礦權人に分譲、規定どおりに采礦權人代金を受け取った。
采礦權使用料を受け取っ探礦權復縁基準
(3)采礦權使用範囲面積別鉱區年々納付km2當たり毎年1000ウォン。
第6條探礦權采礦權代金を受け取って基準
探礦權采礦權代金で國務省の地質鉱山主務省庁の評価価格確認を根拠に、一回や分割納付;しかし、採掘権の支払い期限が最長で2年間、採掘権の代金納付期限は最長で6年を超えてはならない。
第7條探礦權采礦權代金使用料とは探礦權采礦權登録管理機関を擔當。探礦權采礦權代金使用料とは探礦權采礦權人、測量、採鉱登録や研修時に納める。
採掘権の採掘権者は、監査、採鉱登録や年検の際、登記管理機関によって定められた基準に沿って、採掘権の使用料と代金を同レベルの財政部に直接移管する「採掘権の採掘権料と価格の財貨専門家」だ。探礦權采礦權人だけ銀行約集金証拠に登録管理機関登録手続きを受け取る「探礦權采礦權利用料と代金専用の領収書」と測量、許可証を採取している。
「探礦權采礦權利用料と代金専用の領収書」には財政部統一印刷。
第8條國務省の地質鉱山の主務省庁の登録管理の範囲に屬する探礦權采礦權、その使用料と代金、國務省の地質鉱山主務省庁の登録機関を受け取って、金を財政部の開設の「探礦權采礦權利用料と代金財政專戶」;省地質鉱山は主務省庁の登録管理范囲の探礦權采礦權使用料と、その代金は、省地質鉱山主務省庁の登録機関、納入を省の財政部門に開設した「探礦權采礦權代金使用料と財政專戶」。
第9條采礦權探礦權使用料としなければならない代金所得夕明り鉱山用資源探査、保護と管理の支出は、國務省の地質鉱山の主管省庁と省地質鉱山の主管省庁の使用計畫を承認した後、同級生の財政部門撥付使用。
第10條探礦權采礦權利用料のうち、支出できる探礦權、采礦權使用に対する承認、登録の管理費用と業務。探礦權、采礦權代金で支出費用が分譲原価以下は探礦權、采礦權の評価、確認費用、公告料、諮問料。仲介機関コミッション、コースの地代及び他の必須のコスト、費用など。
第11條國有企業の実質所有する國家が出資の測量形成の探礦權、采礦權譲渡時、その探礦權、采礦權代金経國務省地質鉱山主務省庁の會同の財政部の承認が、全部または一部企業の國に大きく資本金。國有地勘単位の実際の占有の出資の測量を國家が形成探礦權、采礦權譲渡時、その探礦權、采礦權代金関連規定どおり処理された。
第12條未通りきちんと納め探礦權采礦權利用料と、代金のは探礦權采礦權登録管理機関を命じ、30日以內に納入した滯納の日から、毎日使えば2‰滯納金;延滯も払わないのは、探礦權、采礦權登録管理機関の許可を取り消す測量計畫や採掘許可。
第十三條財政部門と地質鉱山主管部門を強化しなければならない探礦權切実采礦權代金使用料と所得の財務管理と監督、定期検査探礦權采礦權代金使用料と所得の狀況だ。
第14條本方法、財政部、國土資源部の説明だ。
第十五條本方法は発表の日から実施される。本方法を発表前にすでに受け取った探礦權采礦權使用料や代金本方法の規定通り処理された。

刮刮乐